ねぎBLOG

【葱イラストパクリ事件 vol.4】〜音沙汰のないのは「ヤフオク!」なんだぜ編〜

イラストパクリ事件

すっかりあったかくなってきましたね!

知らん間に年度末で
「あー 学生時代のこの時期、『春休みヒャッホー』と『クラス替えドキドキ』の狭間で毎日そわそわ落ち着かんかったなあ」
と黄昏れてます。そして春のあたたかさに包まれ、
そのまま居眠りに移行してます。葱です(起きろ)

さあて!例のパクリ事件です!!!

いまだ回答すらないフリマアプリB社、あれから相変わらず全く音沙汰なし。(oh yeah!)
現在もパクったイラストから作った商品がのうのうと販売され続けています。

 

よって、これまでB社としていましたが社名、サービス名公表。

ヤフー株式会社、「ヤフオク!」

です!

といっても既に何人かの方から「社名分かったよ~ヤフーでしょ!」との声がちらほら。

悪い方で有名です。(ギャース)

著作権侵害だらけ(^^、)

「ヤフオク」「著作権」を含むキーワードで検索すると山のように関連記事が出てきます。中には「パクられた!」という今回の私の件のようなケースも多数ありました。

その対策はというとほとんどの人が「ヤフオク!」にある「違反商品の申告」リンクから申告したという内容。全く対応されず削除もされず放置、という結末。(オイオイオイ)

つまり

「ヤフオク!」はいくら報告しても対応しない!
(『違反商品の申告リンク』意味ネエエエエエ)

まあまあ、これだいたい分かっていましたので、この度「通知書」という形で送付したわけです。うん。
文面を見れば弁護士がアドバイスしたと分かるような専門的な文章ですし、「申告リンクからよりきちんと対応をするのでは」と相手の出方を伺ってみたのですが。

見事に無視(怒)

ヤフー株式会社はご存知ソフトバンクグループ。
今回相談している「岡山中庄架け橋法律事務所」の呉裕麻弁護士に聞くと、「携帯電話絡みの事件で、ソフトバンクに情報開示等を求めても拒否する」そう。
弁護士業界では有名みたい。
グループ全体の方針で決まっとるのかいな!

頼むよ〜〜 世界の孫サマあああああ
今後ソフトバンク関連商品サービス使わんぞぉおおお

次は直接出品者狙いだ!

何もしないヤフーの対応はほんと「ワレコラ」つって、どうにかしてやりたいのですが、
まあ何よりも、まずいまだにパクリ商品が販売されている現状をどうにかしないと…。(マジ出品者もヤフーも堂々としてらっさる)
再度「弁護士名で通知書を送っても恐らく同じだろう」という事で、
とりあえずは狙いを変えて出品者へ直接通知する方針に変えました。(一旦引くけどヤフー許してないゼ)

現段階では出品者の名前や住所等何も分からない・・・。ということで、困った時の呉弁護士!!(TELカチャリ!)

さあてまた報告しまする!
まて次回!!なぜかパクられるの鈴木誠也ばかり

 

次の記事→【葱イラストパクリ事件 vol.5】〜違反出品者から連絡来たぜ編〜

Bookmark this on Yahoo Bookmark